ビタミンB群/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

ビタミンB群/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ビタミンB群 2018収載 2019収載 素材 ビタミンB群 1997市場規模 80 1997市場動向 サプリメントシリーズ品でも上位に。シミ・ソバカス・ニキビなど美容対応機能や神経、筋肉、ストレスなど仕事対応機能が認知。 1998市場規模 80 1998市場動向 女性に美容対応機能(シミ・ソバカス・ニキビ等)を、社会人に疲労対応機能を明確に啓蒙。 1999市場規模 80 1999市場動向 支持を得ている医薬品製剤と比較した形で、より判りやすく説明を。美容対応。原料素材も差別化のポイント。 2000市場規模 90 2000市場動向 肩こり、腰痛、眼精疲労、ストレス、美容等医薬品製剤でターゲットにしている層へ提案。ブルーベリー、グルコサミンなどとの複合品も。 2001市場規模 100 2001市場動向 引き続き医薬品製剤に近い処方でストレス社会対応、中高年対応製品が提供される。新たな素材配合し強化タイプも。 2002市場規模 100 2002市場動向 基本の皮膚・粘膜・赤血球対応等栄養機能の他に、疲労回復・滋養強壮等医薬品機能期待製品増の方向。 2003市場規模 100 2003市場動向 肩こり、腰痛、眼精疲労等対応医薬品との比較検討(含有量、価格な…

続きを読む

ビタミンA/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

ビタミンA/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ビタミンA 1 2018収載 2019収載 素材 ビタミンA 1997市場規模 20 1997市場動向 粘膜栄養素として他の機能成分との組み合わせで、現代社会に適した製品開発し再啓蒙図るべき。 1998市場規模 10 1998市場動向 目の健康維持成分として、注目されている他の機能素材と組み合わせて適正量の製品設計を。現代人に必要な栄養成分としての認知必要。 1999市場規模 5 1999市場動向 単に眼の栄養ということだけでなく、具体的な生理機能メカニズム内容示したい。その上で、他の素材と組合せて自覚製品開発を。 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011市場規模 2011市場動向 2012市場規模 2012市場動向 …

続きを読む

ビオチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

ビオチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ビオチン 2018収載 2019収載 素材 ビオチン 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 20 2004市場動向 新美容、新美肌素材として既存女性層対象製品リニュアル採用広がる。天然由来原料探しも行われる。 2005市場規模 20 2005市場動向 開発関心度の高さと製品開発必ずしも結びついていない。新美容成分としてあらためて市場に積極提案を。 2006市場規模 20 2006市場動向 マルチタイプ美容対応製品に採用広がる。独自機能をどこまで打ち出せるか。明らか食品からの引き合いも。 2007市場規模 30 2007市場動向 美容・美肌素材のひとつとして、新製品への採用増。美容スープ等明らか食品分野にも提案、採用される。 2008市場規模 30 2008市場動向 バックデータのある肌対応素材として、使いやすさから支持広がる。体感までの摂取方法内容示す必要。 2009市場規模 30…

続きを読む

ヒアルロン酸/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

ヒアルロン酸/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ヒアルロンサン 2018収載 2019収載 素材 ヒアルロン酸 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 5 1998市場動向 美容成分として認知されているが、美容食品としての採用図るために内用生理機能の研究内容公表待たれる。外用美容成分から美容食品素材へと 広がる気配。 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 5 2000市場動向 内面美容・美肌素材として、女性対象製品での採用提案。食品グレード素材の加工特性等市場に情報提供を。 2001市場規模 5 2001市場動向 美容・化粧品素材から食品素材に。コラーゲンと同様の提案模索。女性認知素材として処方検討。 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 10 2006市場動向 美容素材として市場形成へ。機能内容情報提供を。組合せ素材模索。海外での利用状況把握し提案。 2007市場規模 30 2007市場動向 美容素材コラーゲンに組合せるかたちで製品化増。原料由来、機能内容など基本的な情報提供必要。 2008市場…

続きを読む

バナバ茶/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

バナバ茶/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ バナバチャ 2018収載 2019収載 素材 バナバ茶 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 5 2000市場動向 ミネラル豊富ダイエット対応素材として提案続けられる。内容データ示し飲料、エキス製品開発を。 2001市場規模 10 2001市場動向 TVCM製品、市場には影響少ない。血糖値対応等機能研究データを広く提供し認知さらに高める必要。 2002市場規模 10 2002市場動向 健康茶として市場に位置付けられるも広がりみられず。生理機能データ積極情報提供必要。ブランド製品展開。 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011市場規模 2011市場動向 2012市場規模 2012市場動向 2013市場規模 2013市場動向 201…

続きを読む

ハトムギ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

ハトムギ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ハトムギ(チャ) 2018収載 2019収載 素材 ハトムギ 1997市場規模 5 1997市場動向 茶タイプ製品(茶葉・飲料等)での広がりの他に、ダイエット機能成分の研究が進められ製品採用も。 1998市場規模 5 1998市場動向 引き続きダイエット素材として認知。その生理機能(蛋白質中のアミノ酸分解酵素等)についての研究内容啓蒙求められる。 1999市場規模 5 1999市場動向 ダイエット、美容素材として普及されるも、機能成分、機能発揮量等明確にされておらず努力必要。 2000市場規模 5 2000市場動向 幅広い漢方機能の中から、体内老廃物代謝促進など特徴的な機能を取り上げ、データ整え採用提案を。 2001市場規模 5 2001市場動向 ダイエット対応、美容素材として根強い。機能成分確認の研究データ欲しい。その上で製品設計を。 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 …

続きを読む

発芽玄米/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

発芽玄米/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ハツガゲンマイ コンセプト 2018収載 2019収載 素材 発芽玄米 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 50 2002市場動向 ダイエット食、健康食として定着の方向。機能成分γ-アミノ酪酸(GABA)も注目度高い。無洗米の広がりも追風。 2003市場規模 60 2003市場動向 菓子、加工食品、味噌、醤油の原料へと広がり。健康油開発の方向。「γ-アミノ酪酸(GABA)サプリメントも模索。 2004市場規模 80 2004市場動向 通販着実に伸びる。一般店販でも様々な製品、関連製品登場。機能成分γ-アミノ酪酸(GABA)の認知追いつかず。 2005市場規模 100 2005市場動向 食系ルートで定番商品化の方向。先行通販、自然食ルートでも引き続き伸び。さらに普及するために今後価格について検討。 2006市場規模 100 2006市場動向 機能研究、製品形態開発続けられる。価格が普及のポイント。「γ-アミノ酪酸(GABA)」摂取方法情報提供を。 2007市場規模…

続きを読む

蜂の子/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

蜂の子/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ハチノコ20091003 2018収載 2019収載 素材 蜂の子 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 20 2010市場動向 耳鳴り対応素材としての支持広がる。利用者により体感差がある模様。一定品質を理解得るための様々な方法考慮し提案。 2011市場規模 20 2011市場動向 体感自覚素材として、高齢者中心に利用広がる。期待する機能に個人差有り。品質確認、継続摂取方法の検討など課題は多い。期待する利用者の 声有り。 2012市場規模 10 2012市場動向 期待されている「耳鳴り」対応機能は、体感得られる人に個人差みられる。試用により判…

続きを読む

梅肉エキス/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

梅肉エキス/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ バイニクエキス コンセプト 2018収載 2019収載 素材 梅肉エキス 1997市場規模 50 1997市場動向 伝統食品に回帰の動き。摂取方法など手軽さについては女性の視点での開発検討重ねられる。 1998市場規模 50 1998市場動向 O-157対応機能での動きを受けての新製品開発も。他の抗菌機能素材や腸内環境対応素材との組合せ。 1999市場規模 50 1999市場動向 今後、自然食品から消化管内環境対応素材として発展の方向も。積極防衛型機能研究、啓蒙必要。 2000市場規模 60 2000市場動向 TV番組による急増利用者のリピート率高める取組みを(馴染み易い飲料タイプなど新製品開発も含め)。消化管内環境対応素材。 2001市場規模 60 2001市場動向 組合せ素材の選択も視野に消化管内環境対応素材としての啓蒙を。明らか食品へのアプローチも必要。 2002市場規模 60 2002市場動向 消化管内環境対応素材としての生理機能の内容を具体的に示す必要(O-157対応機能以外の健康リスク対応について)。 2003市場規模 70 2003市場動向 「血液サラサラ」素材として注目される。ピロリ菌、O-157対応素材としても認知される。機能メカニズ…

続きを読む

ノコギリヤシ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

ノコギリヤシ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ノコギリヤシ(ユ) 2018収載 2019収載 素材 ノコギリヤシ 1997市場規模 30 1997市場動向 前立腺肥大対応素材として昨年秋以降急速普及。機能成分のひとつβ-シトステロールの血中コレステロール対応機能がダイエットで注目。 1998市場規模 50 1998市場動向 適切な医薬品が少なく、尿回数など短期間で自覚できることから確実に定着。主要機能成分のβ-シトステロールのダイエット機能が注目。 1999市場規模 60 1999市場動向 中高年男性向け素材として定番化。副作用なく短期で自覚(尿回数等)。機能成分(βーシトステロール)の心臓リスク対応データも。 2000市場規模 60 2000市場動向 前立腺(肥大、免疫)対応医薬品の副作用対応素材として定着。強壮機能面でも設計採用。植物性ステロール機能成分。 2001市場規模 60 2001市場動向 前立腺(肥大、免疫)対応素材として定着。医家向け製品開発を。日常摂取不足の植物性ステロール内容の啓蒙も。 2002市場規模 70 2002市場動向 引き続き支持広がる。前立腺(肥大、免疫)医薬品には副作用あるため、一度利用すると継続。短期間自覚素材。 2003市場規模 80 2003市場動向 高品質品が一…

続きを読む