プロテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

プロテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ プロテイン コンセプト 2018収載 2019収載 素材 プロテイン 1997市場規模 250 1997市場動向 粉末飲料が消費者に受け入れられている状況を受け、ダイエット機能素材との複合品増える。おいしさ、イメージを追求した製品が生き残り。 1998市場規模 200 1998市場動向 牛乳、大豆他各種のプロテイン素材の中での模索も。ココアなどダイエット対応製品での採用引き続き広がる。スポーツ対応機能の一般認知拡大を。 1999市場規模 180 1999市場動向 スポーツ関連分野では根強い支持。ダイエット分野での採用は波がある。中高年に向けた提案がまだ少ないため、可能性模索。 2000市場規模 200 2000市場動向 大豆由来、乳由来素材再普及図る動き。食事代替製品拡大。スポーツ対応、美容対応他、各年代層対応機能素材との組合せ検討。 2001市場規模 220 2001市場動向 バランス栄養食の他(粉末、ブロック)飲料等形態開発模索。新たに成分調製しダイエット分野に再挑戦。医家向け製品開発も。 2002市場規模 300 2002市場動向 ダイエット食・代替食として無店舗ルートで採用広がる。大型製品として成長する見込。原料(大豆・乳)及び配合成分による差別化図る…

続きを読む

プルーン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

プルーン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ プルーン 2018収載 2019収載 素材 プルーン 1997市場規模 250 1997市場動向 新摂取方法として酢漬けタイプが提案される。中心はエキス・ジャムタイプ及び乾燥果実。女性に必要な栄養素としての鉄分があらためてサプリメント で注目。 1998市場規模 200 1998市場動向 鉄分素材としての認知の他、塩分排泄のカリウム機能をPR。TVCM等計画投入により量販店で動き。 1999市場規模 180 1999市場動向 日常食生活に取り入れられる形での普及の次に、鉄(潜在性鉄欠乏貧血)、カリウム(塩分排出)他、生理機能打ち出す方向も模索。 2000市場規模 160 2000市場動向 食生活定着化により、他の果実との差別化求められる。Fe、K以外にポリフェノール類研究を。 2001市場規模 160 2001市場動向 色素機能を再注目する動きも。機能内容確認し、製品形態も含め新提案を。鉄分・女性対象素材としては定着。 2002市場規模 160 2002市場動向 ダイエット食シーンに位置付け新たな展開図る動きも。鉄分・カリウム・ファイバーの他ポリフェノール・色素機能にも注目。 2003市場規模 180 2003市場動向 朝食シーンでの摂取定着。新たに…

続きを読む

ブルーベリー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

ブルーベリー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ブルーベリー 2018収載 2019収載 素材 ブルーベリー 1997市場規模 10 1997市場動向 機能性紫色素アントシアニンの眼に対するメカニズム報告行われ、パソコン世代向けとして定着の可能性。 1998市場規模 20 1998市場動向 利用者のニーズに引き上げられるように伸びる。「目」の機能素材としてそのメカニズムも研究進められる。 1999市場規模 40 1999市場動向 中高年対象自覚型素材として伸び。生理機能発揮量及び摂取方法の情報提供必要。その上で、今後定番化の可能性。 2000市場規模 50 2000市場動向 「眼」「美容」素材として定着し、さらに広がりがみられる。今後確実に定着するためにメカニズム研究、有用量提示すべき。 2001市場規模 60 2001市場動向 引き続き支持拡大。女性対応だけでなく安定素材として市場に定着する方向。色素機能の情報提供さらに増やすべき。 2002市場規模 70 2002市場動向 「眼」の健康維持素材への期待大きい(パソコン、加齢等)。機能発揮量、摂取方法情報欲しい。 2003市場規模 80 2003市場動向 国内産原料伸びる方向。産地、栽培法まで関心。健康状態どの段階での摂取望ましいか、…

続きを読む

プラセンタ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

プラセンタ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ プラセンタ1 2018収載 2019収載 素材 プラセンタ 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011市場規模 2011市場動向 2012市場規模 10 2012市場動向 美容分野での認知進む。試用による機能体感が先行し市場形成。製品含有量等数値による選択判断。由来原料内容、機能メカニズム等の理解必要 。 2013市場規模 20 2013市場動向 年間100万本クラスの通販製品が増えたため、利用者が選択に迷う場合も増。基本的な生理機能と利用法に戻る努力必要。由来原料への理解深め ることも。 2014市…

続きを読む

ブドウ種子/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

ブドウ種子/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ブドウシュシ(ユ) 2018収載 2019収載 素材 ブドウ種子 1997市場規模 5 1997市場動向 新・抗酸化機能素材として登場するとともに、新しい種子油として幅広い用途が期待される。 1998市場規模 30 1998市場動向 今春のダイエット素材として大きく動く気配。抗酸化機能の他に血中コレステロール対応機能等有り。 1999市場規模 50 1999市場動向 ダイエット、美容、老化予防他様々な製品で採用。体感自覚できる機能・量での製品普及待たれる。 2000市場規模 60 2000市場動向 抗酸化機能、植物性ステロール機能により美容対応、循環器系対応で定着の方向。 2001市場規模 70 2001市場動向 ポリフェノール素材、美容対応素材として定着しつつある。幅を広げ加齢不足素材としての方向模索も。 2002市場規模 60 2002市場動向 ポリフェノール素材のひとつとして定着。美容・ダイエット製品に配合。抗酸化機能内容再度情報提供必要。 2003市場規模 60 2003市場動向 動脈、大腸免疫、血糖値等のリスク抑えるポリフェノール機能報告される。他のポリフェノール素材との違い示す方向。 2004市場規模 60 2004市場動向 プ…

続きを読む

フィトステロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」&#…

フィトステロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ フィトステロール 2018収載 2019収載 素材 フィトステロール 1997市場規模 1997市場動向 北欧メーカーが松樹皮由来の素材抽出・加工食品利用(マーガリン等)に成功。コレステロール対応・心臓リスク対応・ダイエット対応で注目集まる。 1998市場規模 10 1998市場動向 植物性脂溶性成分。ノコギリヤシ、ヒマワリ、カボチャ種子、松樹皮などに多く含有。コレステロール対応機能でダイエット対応成分として注目。 1999市場規模 20 1999市場動向 植物性ステロールのひとつ。精製油からは除去されてきた成分であり、現代人には不足しているとの指摘。血中コレステロール対応。油脂製品開発 の方向。 2000市場規模 20 2000市場動向 (旧βーシトステロール)各種種子油に含まれる植物性ステロールの研究(前立腺肥大、血中コレステロール等)進む。食品グレードの原料提案され採用増 える見込み。 2001市場規模 30 2001市場動向 血中コレステロール対応、心臓リスク対応、ダイエット他の機能を目的とした食用油、マーガリン等明らか食品採用模索。各種種子油原料。 2002市場規模 40 2002市場動向 食用油採用により認知広まる。さらに加工食品等で…

続きを読む

乳酸菌(ビフィズス)菌/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Repo…

乳酸菌(ビフィズス)菌/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ビフィズスキン コンセプト 2018収載 2019収載 素材 乳酸菌(ビフィズス)菌 1997市場規模 100 1997市場動向 有害菌対応として関西市場で製品大きく動く。関連して腸内環境対応素材としての啓蒙行われる。アレルギー改善機能解明に関心。 1998市場規模 120 1998市場動向 腸内環境対応機能の幅が広がり、有害菌対応の他に、免疫賦活に関わる機能(アレルギー対応含)研究も積極支援を。 1999市場規模 120 1999市場動向 免疫、アレルギー他免疫関連と腸内環境の研究に注目。積極防衛型(積極予防、自己防衛)素材として認知を。 2000市場規模 120 2000市場動向 腸内環境対応素材として定着。明らか食品、飲料での広がりと、どのように関係づけるかが課題。新しい研究者への支援検討する時期に。 2001市場規模 130 2001市場動向 家庭常備整腸剤利用者向け情報提供も。通販採用増で動き。明らか食品との違いを明確に。 2002市場規模 140 2002市場動向 腸内環境対応と免疫賦活の関係研究再度。ダイエット食シーンに利用可能な粉末品開発を。 2003市場規模 160 2003市場動向 認知度高く機能判りやすい素…

続きを読む

ヒバマタ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

ヒバマタ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ヒバマタ 2018収載 2019収載 素材 ヒバマタ 1997市場規模 2 1997市場動向 新ミネラル海藻素材。既存の海藻素材との違い明確に啓蒙を。 1998市場規模 2 1998市場動向 含有ミネラル成分啓蒙するも認知進まず。幅広く機能をとらえ方向模索必要。 1999市場規模 5 1999市場動向 海藻由来ミネラル新素材。ミネラル規制緩和追風に。強壮機能だけでなく、複合ミネラル機能の啓蒙必要。 2000市場規模 5 2000市場動向 他の海藻素材との違い等示し原料海藻内容啓蒙を。強壮強精等海外での利用目的、データ積極提供必要。 2001市場規模 5 2001市場動向 微量ミネラル素材として成分含有量等積極的に示していく方向。原料名前から啓蒙必要。強壮強精素材。 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011…

続きを読む

ビタミンE/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

ビタミンE/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ビタミンE 2018収載 2019収載 素材 ビタミンE 1997市場規模 300 1997市場動向 高機能調理油が好調に推移しており、栄養機能啓蒙の積極展開図るべき。カプセルタイプ以外の摂取形態模索も。調理に利用可の製品開発を。 1998市場規模 350 1998市場動向 美容や老化予防など栄養成分の機能に加え、脂肪酸バランスなどを整えた高機能調味油も注目され、日常の食生活に入り込む気配。各種シード・オ イルに注目。 1999市場規模 350 1999市場動向 原料素材名を打ち出し差別化する動きも。美容対応面の認知広める必要有り。さらに各種シードオイルの採用幅広がる。 2000市場規模 350 2000市場動向 一定期間摂取で自覚後、継続購入。天然原料に本来含有するステロール成分を打出す動きも。主利用者の中高年層さらに開拓を。 2001市場規模 350 2001市場動向 原料、製法による差別化を。日常食生活(精製油)では摂取できないステロール成分等を打出すものも。炊飯油他料理分野さらに開発検討。 2002市場規模 380 2002市場動向 8種類以上全ての機能成分に注目する「スーパーE」マルチタイプ製品にリニュアルの方向。食用油、乳製品等への採用も狙う。…

続きを読む

ビタミンC/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

ビタミンC/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ビタミンC20080927 2018収載 2019収載 素材 ビタミンC 1997市場規模 500 1997市場動向 サプリメント参入メーカー増で伸び。全ブランド共売れ筋トップとして定番化。今後は1日摂取量2000㍉㌘の範囲での差別化と味、キャラクター商品化 に関心。 1998市場規模 500 1998市場動向 単一素材としての機能の他に、別の健食素材との組合せによる機能(ダイエット/キトサン等)に着目。摂取量1日最大2,000mgが定着化の方向。さら に価格見直しも。 1999市場規模 480 1999市場動向 低価格化しているものの、新規参入メーカーが定番品として採用しているため全体では微減。風邪対応機能と共に美容対応機能に着目した普及を。 2000市場規模 480 2000市場動向 単に栄養素のひとつとしてではなく、美容、風邪、抗酸化、免疫リスク対応など生理機能を打ち出した摂取方法(量、期間等)啓蒙を。 2001市場規模 500 2001市場動向 美容サプリメントとして認知得られ、市場裾野広がる。明らか食品でも一定量配合する傾向。かぜ等対応機能、抗酸化機能については丁寧な啓蒙必 要。 2002市場規模 500 2…

続きを読む