ラフィノース/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

ラフィノース/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ラフィノース1 2018収載 2019収載 公開 素材 ラフィノース 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 10 2009市場動向 (ビートオリゴ糖)整腸、アレルギー(アトピー等)のデータがある機能性甘味料。吸湿性の無いことから、粉、顆粒、粒加工、簡易包装可能などの評価 高い。 2010市場規模 20 2010市場動向 (ビートオリゴ糖)腸内環境対応素材、吸湿しない甘味素材として定着。粉、顆粒、タブレット他簡易包装品が設計可能。市場では使いやすさから根強 い支持。 2011市場規模 20 2011市場動向 (ビートオリゴ糖)天然由来素材のため、規模急拡大は望めず。継続利用が多…

続きを読む

ラクトフェリン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」 …

ラクトフェリン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ラクトフェリン 2018収載 2019収載 素材 ラクトフェリン 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 10 2002市場動向 免疫賦活機能素材として健康食品での採用続く。飲料、乳製品でのブランド製品化。摂取方法・量の情報提供を。 2003市場規模 20 2003市場動向 チルド製品普及により健食製品開発意欲高まる。免疫賦活機能は肝臓対応素材としても認識。継続摂取がポイント。 2004市場規模 20 2004市場動向 チルド市場製品開発、新製品投入活発化を受け需要拡大。健食分野、免疫賦活、肝臓対応機能期待。臨床例情報提供を。 2005市場規模 20 2005市場動向 免疫賦活臨床データ情報提供を。毎日摂取できる形態の製品開発必要。チルド製品情報把握し製品開発提案。 2006市場規模 20 2006市場動向 毎日摂取チルド製品普及。免疫賦活機能継続発揮できる健食製品設計。明らか食品も含め様々なタイプ模索。 2007市場規模 20 2007市場動向 腸内環境対応体…

続きを読む

ヨモギ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

ヨモギ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ヨモギ(チャ) 2018収載 2019収載 素材 ヨモギ 1997市場規模 10 1997市場動向 粉末品は葉緑素素材として粒タイプで普及。青汁関連として定着図る模様。独自成分の機能解明、啓蒙必要。 1998市場規模 10 1998市場動向 茶製品や粒タイプ製品だけでなく、青汁タイプ可能性探る。民間伝承的機能は幅が広すぎるため、象徴的な成分と機能の啓蒙必要。 1999市場規模 5 1999市場動向 機能成分特定及び内容開示、啓蒙を。青汁機能では環境ホルモン対応も。身近な素材なだけに利用しやすい製品開発を。 2000市場規模 5 2000市場動向 青粒素材のひとつとして採用少しずつ広がる。生理機能について、他の青粒・汁素材との違いも含め研究されるべき。 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場…

続きを読む

モロヘイヤ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

モロヘイヤ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ モロヘイヤ1 2018収載 2019収載 素材 モロヘイヤ 1997市場規模 10 1997市場動向 青汁のイメージと重ねられ啓蒙。粒タイプで普及。今後料理などで使用できるタイプ開発を。 1998市場規模 20 1998市場動向 高分子体成分の機能により血中コレステロール対応/血圧対応素材として認知。青汁素材としても。 1999市場規模 10 1999市場動向 自然食素材として認知広まりつつある。健食分野では機能成分特定し、血中コレステロール対応等臨床例積み重ねを。 2000市場規模 5 2000市場動向 血中コレステロール対応機能の発揮量確認し製品化検討を。食生活の中で利用しやすい形態開発模索。 2001市場規模 10 2001市場動向 自然食素材として、血中コレステロール対応健康食品素材として、両面で展開。機能成分啓蒙必要。青粒素材としても。 2002市場規模 9 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場…

続きを読む

メリロート/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

メリロート/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ メリロ-ト 2018収載 2019収載 素材 メリロート 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 20 2002市場動向 下半身ダイエット素材としてブランド化図る動き。機能成分内容及び臨床例含め適正な情報提供必要。 2003市場規模 30 2003市場動向 様々な下半身ダイエットブランド立ちあがる。定着するかブームに終わるか取組み次第。摂取方法等丁寧な説明を。 2004市場規模 30 2004市場動向 下半身うっ血対応素材としてダイエット分野必要素材と位置付けられる。複合品の中に採用される方向。 2005市場規模 20 2005市場動向 ダイエット分野減少。態勢立て直して再度挑戦図る。本来の静脈対応機能での普及可能性探る。 2006市場規模 20 2006市場動向 下半身ダイエット素材として一部残る。機能成分内容情報提供を。コンセプトを変えて再提案も。 2007市場規模 9 2007市場動向 下半身むくみ機能の判りやすさ。一定継続期間摂取方法情報提供必要。ダイエット…

続きを読む

メシマコブ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」έ…

メシマコブ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ メシマコブ 2018収載 2019収載 素材 メシマコブ 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 5 2001市場動向 新しいキノコ素材として提案される。免疫賦活機能の研究データ提供を。他のキノコ素材との違い明らかに。 2002市場規模 20 2002市場動向 システム販売で1万個未満採用続く。免疫賦活機能発揮量継続摂取必要。コストも含め利用者に情報提供を。 2003市場規模 50 2003市場動向 診療所の他、個人・商店・法人向けバルク販売に伸び。新しいシステムとして注目。日本での機能検証早急に。 2004市場規模 80 2004市場動向 利用者向けバルク販売により、利用者が販売事業開始、規模拡大の方向。継続摂取方法臨床研究求められる。 2005市場規模 80 2005市場動向 関係機関等での臨床研究継続。免疫機能内容適切に示されるべき。海外情報入手し摂取。 2006市場規模 80 2006市場動向 臨床研究内容情報提供を。摂取方法が利用者の最大関心。クリニック等でも製品流通。会員ルートでの継続…

続きを読む

メグスリノキ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

メグスリノキ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ メグスリノキ(チャ) 2018収載 2019収載 素材 メグスリノキ 1997市場規模 10 1997市場動向 抽出エキスを原料に飲料及び粉末・顆粒・タブレット品開発の動き。相乗効果素材との組み合わせも。 1998市場規模 5 1998市場動向 「目」対応素材として、民間伝承的に普及されているところ。その機能成分の研究が待たれる。 1999市場規模 5 1999市場動向 民間伝承レベルではなく、科学的データ求められる。自覚型素材のひとつとして(「眼」対応)再び伸びる可能性。 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011市場規模 2011市場動向 2012市場規模 2012市場動向 2013市場規模 …

続きを読む

麦若葉/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

麦若葉/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ムギワカバ 2018収載 2019収載 素材 麦若葉 1997市場規模 50 1997市場動向 ケールとともに青汁素材として定着。天然・無農薬・新鮮がコンセプト。粉末飲料追い風受ける。 1998市場規模 60 1998市場動向 無農薬等原料栽培方法の情報が製品差別化のポイントに。国内契約栽培原料に加え、海外原料の模索も。 1999市場規模 60 1999市場動向 システム代理店ルートで伸び。製品の判りやすさから、チラシ、ハガキ等直販通販展開も。「ケール」との違い明確化を。 2000市場規模 70 2000市場動向 「青汁」素材として伸び。含有成分、機能成分も含めケールと比較。食生活の中に定着する価格、形態の見直しも。 2001市場規模 70 2001市場動向 ケールの伸びに引き上げられる。これを参考に同様の製品形態、販売方法も検討必要。差別化が課題。 2002市場規模 100 2002市場動向 「青汁」素材。摂取しやすさ等ケールとの差別化継続課題。代替食・ダイエット食補助採用可能性探る。 2003市場規模 120 2003市場動向 製法検討し味追求へ。プロテイン、健康野菜、果実などと組合せた製品も登場。大麦の他小麦原料も。 2004市場規模 130 …

続きを読む

緑イ貝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

緑イ貝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ミドリイガイ 2018収載 2019収載 素材 緑イ貝 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011市場規模 10 2011市場動向 滋養健康食品として妊産婦分野で長く支持。最近は、関節対応グルコサミノグリカン、炎症・痛み対応機能不飽和脂肪酸等が注目されて動く。臭い等 対応した素材も提案。 2012市場規模 2012市場動向 2013市場規模 2013市場動向 2014市場規模 2014市場動向 2015市場規模: 2015市場動向: 2016市場規模: 2016市場動向:…

続きを読む

マルチビタミン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」 …

マルチビタミン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ マルチビタミン 2018収載 2019収載 素材 マルチビタミン 1997市場規模 250 1997市場動向 ボトルタイプ従来品に加え数種の粒・カプセルをパックしたマンスリーパック、デイリーパックが登場、支持広がる。 1998市場規模 200 1998市場動向 無店舗大型商品の伸び止まる。便利さではなく継続摂取の啓蒙必要。マンスリーパック、デイリーパックの次はキャラクター商品化も。 1999市場規模 180 1999市場動向 各ブランド売上小型化。セット商品は詰め替えタイプに伸び。微量ミネラル規制緩和・表示許可でリニュアル品登場の方向。 2000市場規模 180 2000市場動向 低価格化に、高含有・ミネラル配合等でリニュアル。通販セット品堅調のため、新たに商品化検討増。利用者商品選択固定化。 2001市場規模 200 2001市場動向 さらにマルチタイプ化進む方向。新たに微量機能成分配合したリニュアル品増。継続摂取のための提案も必要。 2002市場規模 250 2002市場動向 微量成分をさらに補強したスーパーマルチタイプ提案続く。無店舗ネットワークビジネスでの海外ブランド品多種登場。 2003市場規模 300 2003市場動向 無店舗ネットワー…

続きを読む