市場動向素材1997~nifty blog(リスト名翻訳可)/ヘルスフードレポートhealthfoodreport…

市場動向素材1997~nifty blog(リスト名翻訳可)/ヘルスフードレポートhealthfoodreport登録商標Ⓡ山の下出版著作権所有Ⓒ ローヤルゼリー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 ローズヒップ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 レスベラトロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 レシチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 霊芝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 ルテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 ルイボスティー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の…

続きを読む

ローヤルゼリー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」 …

ローヤルゼリー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ローヤルゼリー 2018収載 2019収載 素材 ローヤルゼリー 1997市場規模 500 1997市場動向 主婦層を中心として根強い女性利用者がおり、一定価格の愛用ブランド品と低価格・徳用タイプのふたつに分かれる傾向。流れは品質重視の方向。 1998市場規模 450 1998市場動向 高品質品を適正量摂取する流れ。製造方法や販売方法も含めた丁寧な啓蒙により、利用経験者が自覚、理解。 1999市場規模 400 1999市場動向 女性ホルモン的機能により更年期等自覚型素材のひとつ。TV通販等により業績拡大した企業も。価格帯からも通販に適した素材。 2000市場規模 400 2000市場動向 固定利用者に加え、通販等で新規利用が徐々に増加。健食主要購買層の中高年女性が自覚。若い層へのアピールも。 2001市場規模 420 2001市場動向 体感自覚できる高単位品が定着。無店舗ルートであらためて動き。プロポリス以外の機能素材との組合せ模索。 2002市場規模 450 2002市場動向 訪販ルートで再積極提案が行われており、これを契機としての動きが各所でみられる。体感自覚機能の高さが特徴。 2003市場規模 430 2003市場動向 体感自覚継続利用者、個…

続きを読む

ローズヒップ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」^…

ローズヒップ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ローズヒップ 2018収載 2019収載 素材 ローズヒップ 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 20 2004市場動向 一昨年ブームの残りとみられる動き。美容、ダイエット製品で原料採用する需要増。原料内容チェック必要。 2005市場規模 20 2005市場動向 ハーブティー定番。ダイエット素材として引き続き採用。品質規格等示された使いやすい原料求められる。 2006市場規模 10 2006市場動向 コラーゲン等美容素材との組合せで動き。美容・ダイエットハーブとして定着するか見守る。参入再び増。 2007市場規模 10 2007市場動向 美容素材のひとつとして位置付けられる。様々な美容素材と組合せ製品化。機能品質情報積極提供必要。 2008市場規模 10 2008市場動向 独自の色を活かした製品開発。コラーゲン等と配合した粉末飲料流通。美容素材として認知度有。生理機能メカニズ…

続きを読む

レスベラトロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」&#…

レスベラトロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ レスベラトロール20110717 2018収載 2019収載 素材 レスベラトロール 1997市場規模 1997市場動向 1998市場規模 1998市場動向 1999市場規模 1999市場動向 2000市場規模 2000市場動向 2001市場規模 2001市場動向 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向 2010市場規模 2010市場動向 2011市場規模 2011市場動向 2012市場規模 30 2012市場動向 昨夏長寿遺伝子関連成分として取り上げられる。一時原料供給不足気味となる。ブドウ、赤ワイン、ベリー、ピーナッツ種皮、インドキノキ等由来ポリ フェノール。動き注目。 2013市場規模 40 2013市場動向 即効性、体感性が緩やかな特徴を受けた製品提案。支持も、機能を丁寧に説明するなど少しずつ広がる。長寿遺伝子…

続きを読む

レシチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

レシチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ レシチン 2018収載 2019収載 素材 レシチン 1997市場規模 80 1997市場動向 高齢化社会対応素材として、同様の機能を持つ素材との複合、相乗機能を図る方向。原料自体への関心も高まる。 1998市場規模 80 1998市場動向 レシチン、サポニン、イソフラボンなど高齢化社会対応機能を含有する各素材(大豆、卵等)に注目集まる。 1999市場規模 60 1999市場動向 原料素材が判る製品の継続利用多い。中高年対応機能の具体例欲しい。これまでの研究報告を整理し情報提供を。 2000市場規模 60 2000市場動向 大豆、卵黄等安心素材面打出す。認知対応、脳内栄養データ啓蒙さらに必要。カプセルに加え、明らか食品に近い形状品支持継続。 2001市場規模 60 2001市場動向 高齢化社会対応素材としての認知広めるためにも、機能研究データ積極公開を。原料(大豆、卵黄等)による違いも。 2002市場規模 60 2002市場動向 脳内栄養について、他の脳内機能素材とも比較してより判りやすい説明必要。食事摂取との比較も必要。 2003市場規模 70 2003市場動向 大豆、卵黄、卵油由来それぞれの生理機能比較必要。PS等構成成分との違いも判りやすく。ヨーグルトと…

続きを読む

霊芝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登…

霊芝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ レイシ(チャ) 2018収載 2019収載 素材 霊芝 1997市場規模 80 1997市場動向 新たに茸関連素材の免疫機能に注目が集まっており、機能成分の内容等差別化することでの啓蒙が必要。 1998市場規模 100 1998市場動向 免疫機能発揮量(摂取量)が多いため、高濃度品に動き。高分子多糖体の機能研究が客観的に実施されるべき。 1999市場規模 100 1999市場動向 より機能を発揮されるよう高濃度品開発進む。それぞれの茸類と差別化するため、含有機能成分の内容及び研究をあらためて紹介すべき。 2000市場規模 90 2000市場動向 欧米のデータも含め、免疫に関し積み重ねられてきた研究内容再確認を。他の免疫賦活素材との組合せ模索。 2001市場規模 90 2001市場動向 高濃度品に期待。機能成分品質の確保をした上で免疫学的摂取方法情報提供を(リンパ球数等指標数値提示)。 2002市場規模 90 2002市場動向 ネットワーク販売で茸類素材のひとつとして採用増。機能成分・生理機能発揮量情報整理必要。 2003市場規模 90 2003市場動向 免疫賦活機能について有用量、摂取期間情報提供必要。高濃度品利用者増。肝臓対応機能期待。 2004市場規…

続きを読む

ルテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

ルテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ルテイン 2018収載 2019収載 素材 ルテイン 1997市場規模 1 1997市場動向 眼対応機能素材として市場に提案される。脂溶性素材との組合せ検討。 1998市場規模 1 1998市場動向 複数の素材供給社による市場開発求められる。生理機能研究データ啓蒙も。 1999市場規模 5 1999市場動向 「眼」対応素材(黄班変性症、白内障等)のひとつとして、他の素材と組合せて製品化増。自覚型素材としてさらに支持広がる方向。 2000市場規模 10 2000市場動向 加齢等原因の、眼の状況自覚可能機能素材として支持広がる。他の加齢不足素材との組合せ模索。 2001市場規模 20 2001市場動向 マルチカロチン素材、眼の体感自覚可能素材として認知広まりつつある。リニュアル品で採用。ペット分野でも多く引き合い。 2002市場規模 30 2002市場動向 眼の老化対応素材としてさらに必要性高まる。健康データ欲しい。同様機能素材と組合せ。 2003市場規模 50 2003市場動向 マルチカロチンと組合せネットワーク販売で100万個規模製品立ちあがる。今後の行方見守る。眼対応機能自覚しやすい。 2004市場規模 90 2004市場動向 ネットワーク販売、製…

続きを読む

ルイボスティー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」 …

ルイボスティー/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ルイボスティー 2018収載 2019収載 素材 ルイボスティー 1997市場規模 5 1997市場動向 抗酸化機能の認知が当初から進められる。機能説明の模索続けられる。 1998市場規模 5 1998市場動向 自覚できる抗酸化機能素材として普及されてきたが、適正価格模索等により、利用者の利便図られる方向。 1999市場規模 5 1999市場動向 自覚利用者により継続摂取図られる。機能成分内容解明、報告求められる。新たな分野(一般飲料。機能発揮サプリメント等)開拓へ。 2000市場規模 5 2000市場動向 SOD様機能について、機能成分、有用量提示し、価格・形態等見直し再度市場に情報発信を。 2001市場規模 5 2001市場動向 利用者継続。機能成分解明しさらに臨床報告待たれる。健康茶品揃えのひとつとして位置付け。 2002市場規模 2002市場動向 2003市場規模 2003市場動向 2004市場規模 2004市場動向 2005市場規模 2005市場動向 2006市場規模 2006市場動向 2007市場規模 2007市場動向 2008市場規模 2008市場動向 2009市場規模 2009市場動向…

続きを読む

卵黄油/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

卵黄油/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ランオウユ コンセプト 2018収載 2019収載 素材 卵黄油 1997市場規模 30 1997市場動向 手作りのコンセプトで愛用者増。製造方法など利用者への情報提供必要。科学的な生理機能研究報告待たれる。 1998市場規模 30 1998市場動向 製品の内容成分の表示等による品質管理必要。高齢化社会対応機能素材として、生理機能研究を。 1999市場規模 40 1999市場動向 システム代理店販売で伸び。通販中心展開を発展してエリア展開。信頼できる機能バックデータ公表待たれる。 2000市場規模 40 2000市場動向 機能成分内容解明・提示し、一定の品質管理のもと啓蒙を。通販品と店販品の内容の違い啓蒙すべき。 2001市場規模 40 2001市場動向 機能成分等科学的データ示されるべき。通販の他システム代理店販売展開する動きも。 2002市場規模 40 2002市場動向 通販・直販分野で利用者継続。滋養強壮等機能内容(機能発揮量他)情報提供必要。他素材との組合せ模索。 2003市場規模 60 2003市場動向 雑誌通販、TV通販増。指名購入の様相。体質改善自覚により利用者継続。生理機能研究内容示すデータ欲しい。 2004市場規模 70 2004市…

続きを読む

羅布麻/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ…

羅布麻/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有 素材フリガナ ラフマ(チャ) 2018収載 2019収載 素材 羅布麻 1997市場規模 5 1997市場動向 缶飲料での採用が続いており、これに伴い、茶葉タイプ、粒・粉末タイプなど健食市場向け製品の提案が進められる。 1998市場規模 5 1998市場動向 血中コレステロール対応機能素材として茶、飲料、粒タイプ製品流通。より使用しやすい原料素材開発を。烏龍茶市場を目指すメーカーも。 1999市場規模 5 1999市場動向 天然食品素材、天然繊維素材として着実な普及活動進む。研究の積み重ね、広がりに協力必要(血中コレステロール対応)。 2000市場規模 5 2000市場動向 血中コレステロール対応等啓蒙さらに必要。血糖値対応などに対しては有用量摂取できるよう製品開発必要。 2001市場規模 10 2001市場動向 飲料製品の普及緩やかなため、茶葉製品動きにまでつながらず。機能内容(血中コレステロール対応)さらに認知努力を。 2002市場規模 10 2002市場動向 ブランド製品展開。市場拡大チャンス探る。参入勢い少ないため露出進まず。生理機能発揮製品を摂取方法まで考え提案必要。 2003市場規模 10 2003市場動向 単一素材ブランド展開力欲しい。血中コレステロール対…

続きを読む