レスベラトロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

レスベラトロール/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ レスベラトロール20110717 2018収載 2019収載
素材 レスベラトロール
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模
2003市場動向
2004市場規模
2004市場動向
2005市場規模
2005市場動向
2006市場規模
2006市場動向
2007市場規模
2007市場動向
2008市場規模
2008市場動向
2009市場規模
2009市場動向
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模 30
2012市場動向 昨夏長寿遺伝子関連成分として取り上げられる。一時原料供給不足気味となる。ブドウ、赤ワイン、ベリー、ピーナッツ種皮、インドキノキ等由来ポリ
フェノール。動き注目。
2013市場規模 40
2013市場動向 即効性、体感性が緩やかな特徴を受けた製品提案。支持も、機能を丁寧に説明するなど少しずつ広がる。長寿遺伝子情報提供。美容、老化対応素材
として組み合わせ検討。
2014市場規模 30
2014市場動向 若さ、美容対応素材として認知少しずつ広がる。美容ドリンク、飲料へも提案。各種由来原料などの情報提供発信必要。体感性のある素材との組み
合わせ模索。
2015市場規模: 30
2015市場動向: TV紹介される話題のエイジング対応素材としての認知さらにすすめる。老化、美容の「力」としてエナジードリンクでも採用。由来原料も含めた情報提
供必要。
2016市場規模: 20
2016市場動向: 話題とされることが多いが利用者の充分な理解までには至らず。若さ維持の実感がどのように得られるのか。具体的な点示す必要。美容等別の機能
分野探すことも課題。
2017市場規模: 20
2017市場動向: 老化予防、若さ維持の機能実感しにくいためか、認知、採用製品の動き鈍い。継続利用での体調維持など健康管理面を植物油機能成分とともに情報