レシチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

レシチン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ レシチン 2018収載 2019収載
素材 レシチン
1997市場規模 80
1997市場動向 高齢化社会対応素材として、同様の機能を持つ素材との複合、相乗機能を図る方向。原料自体への関心も高まる。
1998市場規模 80
1998市場動向 レシチン、サポニン、イソフラボンなど高齢化社会対応機能を含有する各素材(大豆、卵等)に注目集まる。
1999市場規模 60
1999市場動向 原料素材が判る製品の継続利用多い。中高年対応機能の具体例欲しい。これまでの研究報告を整理し情報提供を。
2000市場規模 60
2000市場動向 大豆、卵黄等安心素材面打出す。認知対応、脳内栄養データ啓蒙さらに必要。カプセルに加え、明らか食品に近い形状品支持継続。
2001市場規模 60
2001市場動向 高齢化社会対応素材としての認知広めるためにも、機能研究データ積極公開を。原料(大豆、卵黄等)による違いも。
2002市場規模 60
2002市場動向 脳内栄養について、他の脳内機能素材とも比較してより判りやすい説明必要。食事摂取との比較も必要。
2003市場規模 70
2003市場動向 大豆、卵黄、卵油由来それぞれの生理機能比較必要。PS等構成成分との違いも判りやすく。ヨーグルトとの組合せ支持継続。
2004市場規模 70
2004市場動向 先行認知の頭脳栄養以外の生理機能示す必要。中高年層だけでなく女性層へのアプローチを。
2005市場規模 70
2005市場動向 高齢化社会対応、積極予防機能の内容を判りやすく示すとともに、美容機能の認知も広めたい。
2006市場規模 60
2006市場動向 市場での美容素材の動きをとらえ日常摂取、美容機能提案積極的に。引き続き脳内栄養機能情報提供を。
2007市場規模 50
2007市場動向 脳内栄養機能、「眼」対応機能素材との組合せで提案。体感自覚で継続利用。美容機能も売れ筋素材と組合わせ模索。
2008市場規模 40
2008市場動向 高齢化社会対応素材として、喜ばれて継続利用。まだ認知していない対象者があり、情報提供の方法検討を。
2009市場規模 40
2009市場動向 粉末顆粒製品を食事の中で利用。酸化を抑えたカプセルタイプ有。継続摂取により年齢体調維持図る。
2010市場規模 40
2010市場動向 高齢者対応素材として根強い。粉末、顆粒、細粒にしてヨーグルト、飲料、料理に混ぜて摂る習慣も。大容量で息の長い製品有り。
2011市場規模 40
2011市場動向 食生活に利用できる形態のものが支持。特に高齢者分野では、シンプルな製品を、料理・デザートに取り入れている(豆腐、ヨーグルトなど)。一定量
継続摂取がポイント。
2012市場規模 50
2012市場動向 料理やデザートにふりかける粉砕、顆粒タイプで、従来から食生活に取り入れている製品は継続支持。定番品普及広がる。高齢者まで幅広い利用者
の体感度調査を。
2013市場規模 40
2013市場動向 高齢者対応機能素材として、30年以上継続して市場で支持。毎日の食生活の中での利用が定着。利用者の年齢層情報提供を。具体的な改善自覚例
示し説明。
2014市場規模 30
2014市場動向 顆粒タイプをデザート、飲料、スープ、主菜にかけて摂取する従来からの利用方法を実践する人継続。中高年者だけでなく女性にも広がり。食生活ラ
イフスタイル提案。
2015市場規模: 20
2015市場動向: 従来、ヨーグルトなどデザートや飲料、食品などにふりかけて利用されてきたが、普及し始めたスムージーでも利用。幅広い年代層での日常食生活の
中に位置づけ提案。
2016市場規模: 10
2016市場動向: 中高年栄養補助食品として50年以上前に紹介された大豆粉砕物が、味や形状を整えながら継続支持。最近のスムージー、グラノーラなどにも採用。
利用年代層幅広がる。
2017市場規模: 10
2017市場動向: 高齢層対応脳内栄養再注目され動きが出始めている。古くからの栄養学製品が現代風にどうリニュアルされていくか。病院売店等でも安心して並べら
れる。
2018市場規模: 10
2018市場動向: 粉末、顆粒タイプ製品への支持は30年以上も。ヨーグルトなどのデザートや野菜ジュース、サラダなどにかけ食生活で利用。高齢者中心。脳内栄養な
ど機能示される。

■『2018事業者一覧B5判200頁。9,800円送料300円。収載『流通ルート1998-2018』/収載広告/山の下出版『ヘルスフードレポート healthfoodreport登録商標Ⓡ』著作権所有Ⓒ