霊芝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

霊芝/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ レイシ(チャ) 2018収載 2019収載
素材 霊芝
1997市場規模 80
1997市場動向 新たに茸関連素材の免疫機能に注目が集まっており、機能成分の内容等差別化することでの啓蒙が必要。
1998市場規模 100
1998市場動向 免疫機能発揮量(摂取量)が多いため、高濃度品に動き。高分子多糖体の機能研究が客観的に実施されるべき。
1999市場規模 100
1999市場動向 より機能を発揮されるよう高濃度品開発進む。それぞれの茸類と差別化するため、含有機能成分の内容及び研究をあらためて紹介すべき。
2000市場規模 90
2000市場動向 欧米のデータも含め、免疫に関し積み重ねられてきた研究内容再確認を。他の免疫賦活素材との組合せ模索。
2001市場規模 90
2001市場動向 高濃度品に期待。機能成分品質の確保をした上で免疫学的摂取方法情報提供を(リンパ球数等指標数値提示)。
2002市場規模 90
2002市場動向 ネットワーク販売で茸類素材のひとつとして採用増。機能成分・生理機能発揮量情報整理必要。
2003市場規模 90
2003市場動向 免疫賦活機能について有用量、摂取期間情報提供必要。高濃度品利用者増。肝臓対応機能期待。
2004市場規模 90
2004市場動向 新参入通販採用で動き。追随採用するメーカー増える見込。免疫賦活機能臨床データとられる。
2005市場規模 100
2005市場動向 原料種類増。それぞれ科学的に生理機能内容説明必要。海外からの製品引き合い増。インターネット対応整備進められる。
2006市場規模 110
2006市場動向 通販で引き続き伸び。宣伝講習販売での堅い動き。原料製造方法等選択される。情報公開求められる。
2007市場規模 100
2007市場動向 支持根強い。海外へ製品輸出も。専門メーカー日常提案活動で地道な努力。種類による機能情報提供を。
2008市場規模 90
2008市場動向 宣伝講習販売で体感素材として支持。品質に最大関心。利用者、より高い品質へと向かう方向。
2009市場規模 90
2009市場動向 滋養素材が探されている中、従来からの一定品質品支持。過去利用者再び戻る傾向。製品内容について、丁寧に説明を。
2010市場規模 90
2010市場動向 一定品質価格で、信頼できる素材が国内だけでなく海外でも引き合い。継続利用にもつながる。ドリンクに加えエキス加工品(粉末、顆粒、タブレット等
)でも味を検討。
2011市場規模 90
2011市場動向 様々な機能の中で支持される免疫対応機能。継続摂取でコンク品の需要増えている。店販ルートでの一部商品提供不安から、利用者自ら探す努力
みられる。
2012市場規模 80
2012市場動向 古くからの免疫対応素材として経験的信頼性高い。継続摂取しやすさ、高濃度品、原料品質など目的にかなう製品開発。医療現場でも臨床例積み重
ねられる。
2013市場規模 80
2013市場動向 世界各地域で評価されてきた漢方素材として認知度高い。摂取方法について、臨床データが積み重ねられる。継続摂取がポイント。その内容情報提
供必要。
2014市場規模 80
2014市場動向