ルテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

ルテイン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ルテイン 2018収載 2019収載
素材 ルテイン
1997市場規模 1
1997市場動向 眼対応機能素材として市場に提案される。脂溶性素材との組合せ検討。
1998市場規模 1
1998市場動向 複数の素材供給社による市場開発求められる。生理機能研究データ啓蒙も。
1999市場規模 5
1999市場動向 「眼」対応素材(黄班変性症、白内障等)のひとつとして、他の素材と組合せて製品化増。自覚型素材としてさらに支持広がる方向。
2000市場規模 10
2000市場動向 加齢等原因の、眼の状況自覚可能機能素材として支持広がる。他の加齢不足素材との組合せ模索。
2001市場規模 20
2001市場動向 マルチカロチン素材、眼の体感自覚可能素材として認知広まりつつある。リニュアル品で採用。ペット分野でも多く引き合い。
2002市場規模 30
2002市場動向 眼の老化対応素材としてさらに必要性高まる。健康データ欲しい。同様機能素材と組合せ。
2003市場規模 50
2003市場動向 マルチカロチンと組合せネットワーク販売で100万個規模製品立ちあがる。今後の行方見守る。眼対応機能自覚しやすい。
2004市場規模 90
2004市場動向 ネットワーク販売、製品約300万個・40万人落ち着く。新たな起業採用及び通販、店販に波及規模拡大なるか。
2005市場規模 130
2005市場動向 通販、店販等での採用広がる。ネットワーク販売分野での大型製品を参考にした製品数多く出される。
2006市場規模 150
2006市場動向 「眼」対応機能体感素材として幅広い年齢層での利用広がる。組合せ素材検討。継続摂取方法についての情報提供を。
2007市場規模 150
2007市場動向 体感自覚素材として認知。機能発揮量、継続摂取方法示す必要。組合せ素材との関係情報提供を。
2008市場規模 160
2008市場動向 ネットワーク系落ち着く。継続利用者への摂取方法等適切な説明必要。自覚までの期間示しさらに新利用者開拓。
2009市場規模 160
2009市場動向 年間継続自家利用を伸ばすために、利用者と情報交換。自覚までの期間、継続摂取方法が最大関心。
2010市場規模 160
2010市場動向 急成長一定規模で落ち着き。体感継続利用者が維持。市場では、複合製品増。組み合わせでの機能、バックデータ欲しい。高齢化社会対応素材とし
て引き続き普及図る方向。
2011市場規模 140
2011市場動向 ネットワークルートでの市場規模縮小。高齢者対応複合素材として再評価。組み合わせ素材、食品形態、機能発揮量再検討。試用展開の可能性(体
感自覚)探る動き。
2012市場規模 110
2012市場動向 眼対応機能素材として認知されすでに一定市場は形成したが、一般消費者への広がりが少なかったため、試用展開から始め、老化予防含め着実に
普及させる努力を。
2013市場規模 100
2013市場動向 一時の急速な広がりは落ち着く。改善自覚した人が継続摂取。高齢者層の機能維持に対応した製品開発、提供を引き続き進める。飼料分野での引き
合い増。
2014市場規模 90
2014市場動向 ネットワーク系主要製品として急拡大後、眼対応素材として支持。幅広い年齢層を対象とした抗酸化機能、老化予防機能分野は、総合栄養摂取の方
向。位置づけ検討。