卵黄油/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

卵黄油/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ランオウユ コンセプト 2018収載 2019収載
素材 卵黄油
1997市場規模 30
1997市場動向 手作りのコンセプトで愛用者増。製造方法など利用者への情報提供必要。科学的な生理機能研究報告待たれる。
1998市場規模 30
1998市場動向 製品の内容成分の表示等による品質管理必要。高齢化社会対応機能素材として、生理機能研究を。
1999市場規模 40
1999市場動向 システム代理店販売で伸び。通販中心展開を発展してエリア展開。信頼できる機能バックデータ公表待たれる。
2000市場規模 40
2000市場動向 機能成分内容解明・提示し、一定の品質管理のもと啓蒙を。通販品と店販品の内容の違い啓蒙すべき。
2001市場規模 40
2001市場動向 機能成分等科学的データ示されるべき。通販の他システム代理店販売展開する動きも。
2002市場規模 40
2002市場動向 通販・直販分野で利用者継続。滋養強壮等機能内容(機能発揮量他)情報提供必要。他素材との組合せ模索。
2003市場規模 60
2003市場動向 雑誌通販、TV通販増。指名購入の様相。体質改善自覚により利用者継続。生理機能研究内容示すデータ欲しい。
2004市場規模 70
2004市場動向 機能成分、メカニズム、臨床データ研究等認知必要。継続利用専門通販120万人利用者10%増。
2005市場規模 80
2005市場動向 通販製品継続増130万人。カプセルメーカー製造上位素材に。原料内容、製造方法等選択される段階に。
2006市場規模 90
2006市場動向 継続利用者増。機能成分内容情報提供を。特徴的な例利用者調査を。製品選択の基準示す必要。
2007市場規模 90
2007市場動向 再び継続利用申込み促す提案工夫。各社50~140万世帯を確保。健康体感利用の摂取方法情報提供を。
2008市場規模 90
2008市場動向 継続利用の内容、意味を示し提案必要。あらためて含有成分の品質、生理機能を確認。利用者の体感性情報を整理することが必要。
2009市場規模 100
2009市場動向 約140万世帯・過去約7,000万個製品、継続利用。参入増。製造方法から由来原料まで、差別化し試用すすめる。
2010市場規模 100
2010市場動向 購入方法、単一または組み合わせ素材、市場での差別化、各特徴づけた努力必要。体感機能の普及探る。全国的な認知、理解進める。
2011市場規模 90
2011市場動向 高齢者対応素材としての特徴が、より幅広い年齢層へと浸透しつつある。新参入し継続して提供する企業は、利用者に対する努力工夫を。試用展開
には一定期間必要。
2012市場規模 70
2012市場動向 これまで体験的に利用されてきた滋養素材として、元気回復、「若さ」老化予防対応分野を活性化。ひとつの柱となっていくか。そのメカニズム解明前
進を。
2013市場規模 60
2013市場動向 健康維持、体感サプリメントとして通販継続利用。参入多いが継続している製品は絞られる。体感自覚までの一定期間、試用提供の内容検討。
2014市場規模 50